HOME>トピックス>副作用が少ないので医療機関との連携が可能です

がん治療の体力低下に

医学には東洋医学と西洋医学がありますが、近年、注目を集めているのが西洋医学です。とりわけ漢方薬に関しては、従来の治療と並行して飲むことが出来ます。がんや糖尿病の治療はツラク厳しいですが、漢方薬を上手に使うことで体力が落ちるのを防いでくれます。大阪にはたくさんの漢方薬局があり、漢方のエキスパート薬剤師が個々の病気や目的に合わせて処方をしてくれます。病院で出される薬との相性も良いですし、保険適用される場合もあるのでありがたいはずです。良薬は口に苦しと言われますが、漢方薬局は日本の医療を照らす光ではないでしょうか。

飲み易さが魅力

食べ物自体にがんを攻撃する力はなくても、食べるとがんの抑制に繋がる食材は多くあります。最たる例が、キノコ類ではないでしょうか。ただ、味に癖があり苦手に感じている方は多いはずです。漢方薬の中には、キノコやシジミの成分を抽出して作られた商品が多くあります。粉末やカプセルになることで、飲むのが苦手な方でも辛さが半減されます。大阪の漢方薬局のコンセプトとして、相談外来が掲げられています。カウンセリングや聞き取りにウエイトを置くことで、一人一人に合う漢方薬局が処方されます。

広告募集中