HOME>オススメ情報>ホルモン治療の一環として用いられるようになったこと

更年期障害の悩みを改善する

錠剤

40代から更年期障害に悩まされる女性というのは急増します。個人差はあるとは言え、エストロゲンのホルモンは40代を境に急激に減少することから、動悸やほてり、頭痛などの症状に悩まされる女性が増えると言われているのです。そんな更年期障害に悩む女性を助けるサプリメント、エクオールが評判となっています。エクオールはイソフラボンを豊富に含む大豆成分と乳酸菌から開発されたサプリメントで、更年期の女性に優しく寄り添ってくれるのです。費用は4320円とサプリメントの中では少しお高めですが、飲み続けることで体のつらい症状をやわらげて、更年期障害にも負けず、体調を整えます。

ホルモン治療として

服用

欧米では、中高年の女性のホルモン治療は一般的であり、広く普及されています。しかしながら、日本国内ではまだあまり認知されていないため、ホルモン治療を受けている中高年の女性というのは限定的なのです。また、アメリカでホルモン治療によるがんの発症率の高さが指摘されたことで、日本ではホルモン治療が敬遠される傾向が強まりました。その代わりに、エクオールなどのサプリメントで女性ホルモンを補う人が増えているといいます。

閉経後にも効果を発揮

錠剤

女性と閉経というのは、体の変化に密接に関係していると言われています。閉経すると女性ホルモンの分泌が極端に減少することから、体の不調が顕著に現れるとされているのです。この悩ましい体の不調というのは、女性ホルモンを豊富に含むエクオールのサプリメントで対処することができます。サプリメントは不足しがちな栄養素を補うだけでなく、女性が加齢により自分の体で作りにくくなった女性ホルモンを補う事を目的に開発されました。

広告募集中